レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

ホリデーから戻ったら… 20分はシャワーを使っちゃダメ!

■ 近年、30度近い夏日が続くことが珍しくなくなった英国。
イングランド北西部チェシャー出身の微生物学者、トム・マキン博士は、「レジオネラ症」の感染者が急増して
いると報告し、「ホリデー後のシャワーの使い方」についての注意事項を発表した。
「メトロ」紙(電子版)が伝えた。

レジオネラ症とは、レジオネラ菌の感染により発症する肺炎のこと。
レジオネラ菌は水気の多い土壌や河川など、水中で繁殖する細菌の一種。

高温の日が続くと、シャワー用の水タンクやホース、シャワーヘッドに溜まった水が温まり、
さらにホリデーなどで水を長期間循環させないと、菌はどんどん増殖してしまうという。

マキン博士は、たとえ水を飲まなくても、シャワーを浴びる際に空気中に飛散したレジオネラ菌を吸い
込むことでも感染するとし、「私は旅行から帰ってすぐにシャワーを浴びたい時には、
必ず片手で鼻と口を覆っている」とコメント。また、「シャワー後も20分間は浴室に入らない」と話す。

レジオネラ菌はとくに免疫が弱まっている高齢者は感染しやすく、7月初めにはボーンマスの高齢者用
ヘルススパで、14人の感染が確認されたとされる。

マキン博士は、シャワーを3~4日以上使用していない場合は、「20分ほどシャワーを出しっぱなしにする」
「その際に必ず浴室のドアは閉める」「シャワー後も20分間は浴室に入らない」よう注意を促している。

シャワー浴びるのも命懸けだ。