レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

モルキラーMZ 配管洗浄に

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ガーデニングの土壌から発生|対策等の除菌剤

ガーデニングの土壌から発生したレジオネラ菌

温浴施設などで感染のリスクがあるレジオネラ菌ですが、実はガーデニングの土壌からも発生する可能性

があります。

そもそもレジオネラ菌は水環境だけではなく土壌にも生息している菌で、レジオネラ菌が土壌にいることは

珍しくありません。

しかし、土壌自体にいるのではなく、アメーバといった原生生物の細胞内に寄生したり、藻類と共生したりと、

様々な環境に適応した生き方をしています。

土壌にいるということは、ガーデニングを行うことによって感染するリスクは少なからず持っています。

では、実際にガーデニングによってレジオネラ菌感染した事例を見ていきましょう。

ガーデニング

レジオネラ菌感染事例

 

感染事例としては、まず1996年にレジオネラ菌が原因で肺炎を起こし造園業の男性が死亡したケースが

ありますが、感染源は不明とされていました。

しかし、大学医学部のグループが調査した結果、感染源は腐葉土ではないかと推測されています。

また、オーストラリアでも多くのガーデニング愛好者がレジオネラ肺炎となっており、いずれも腐葉土から

レジオネラ菌が多く検出されていることが分かっています。

アメーバは、生物膜内で、塩素剤の消毒から保護されて生息し。

オーストラリアではこういった自体を受けて、腐葉土は安全とは言えないという認識が持たれています。

腐葉土の袋にも生きた細菌が入っているので、使用する時はマスクを使い、腐葉土を使い終わったら必ず

手を洗うようにと説明が書かれているそうです。

これによって腐葉土を取り扱う一人ひとりの意識が変わり、オーストラリアでは腐葉土からレジオネラ菌

感染者は減っていったそうです。

オーストラリアに比べて日本の腐葉土はレジオネラ菌が検出される割合は1割にも満たない程低い確率

ではありますが、十分に注意して取り扱うことが大切です。

 

感染予防法

レジオネラ菌の感染予防法としては、なるべく腐葉土などの土を扱う時はマスクを装着し、さらに手をしっかり

洗うことが大切です。



また、家族に周知させることが重要なポイントと言えます。

例えば小さなお子さんがいるご家庭では、土を知らない間にいじっていたり土を使って遊んだりする子どもも

いらっしゃるでしょう。

土いじりをすることは良いのですが、その後しっかりと手洗いをするように教えることが大切です。



 

スタッフ

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆さんのご来t店をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。


モルキラーMZの購入窓口
レジオネラ菌に関するご不安を抱えてらっしゃる皆様が、安心して気軽にご相談を受けられるようスタッフ一同笑顔でお待ちしております。

レジオネラ菌に関する不安があれば気軽に相談ください。

 
フリー1