レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

モルキラーMZ 配管洗浄に

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  基準値

レジオネラ菌の基準値

 

レジオネラ菌の基準値

基準

 レジオネラ菌の基準値としては、10CFU/100mL未満であることが望ましいとされています。

上の写真では、シャーレの中に出現したレジオネラ属菌の一個の塊(コロニー)を10CFUと言います。

5個では50CFU、10個では100CFUとなります。従って浴槽水100ml中一個でも出現すれば陽性です。
 

レジオネラ菌の基準値

 

温泉施設などの公衆浴場やプールなどでは、水質関にする基準値が国によって定められています。

 
国の基準で設けられている項目は、濁り具合や有機物の量を示す過マンガン酸カリウム消費量、
人体への影響の大きい大腸菌群やレジオネラ属菌です。
 
レジオネラ菌の基準値としては、10CFU/100mL未満であることが望ましいとされています。
 
 
検査方法としては、冷却遠心濃縮法やろ過濃縮法で、毎日水を入れ替える施設では1年に1回以上、
 
連日続けて使用する施設では1年に2回以上と決められており、
 
浴槽やプールの水を塩素消毒による消毒をしていない場合には、1年に4回以上の検査が必要となります。
 
レジオネラ菌の検査は、保険所や衛生研究所に依頼することで検査してもらうことができます。

レジオネラ属菌検査について       レジオテック株式会社

 下記検査機関でレジオネラ属菌の検査を行います。
  • こちらから検査容器(容器、検査依頼書、保冷剤、アイスBOX)をお送りします。
  • 容器に検体(お湯、クーリングタワー水、プール水)を採取します。
  • 容器に採取箇所名、日時などを明記したラベルを張ります。
  • 検査依頼書には必要事項を記入しアイスBOXに入れてください。
  • 冷凍した保冷剤を容器と共にアイスBOX に入れて宅急便(冷蔵)で
  •  
  • 下記検査機関に直送願います。
  • 検査結果は7日~10日前後で判明次第お送りします。
 
 レジオネラ菌検査容器

レジオネラ属菌等検査 検体 送り先
〒289-1124
千葉県八街市山田台136番地
NPO法人  環境微生物災害対策協会
TEL 043-440-9206


 

 


 

レジオネラ菌の発生を抑制する為に
 

 
  • レジオネラ菌の繁殖を防ぐために、消毒後の水質は残留塩素濃度を0.4mg/L以上となるよう管理しましょう。
     
    レジオネラ菌は、管理を徹底することで、繁殖を防ぐことができるのです。
     
    継続的、定期的に消毒や配管洗浄をを行うことで、
    レジオネラ菌の温床となっているバイオフィルムが作られるのを抑制することができます。
     
    このバイオフィルムの生成を防ぐことこそが、レジオネラ菌の発生を防ぐための根本的な対策でもあります。
    多くの人が安心して施設を利用することができるよう事前に対策をしましょう。
     
    使用方法 1Tの浴槽水に対し10~20ml投入します、 除菌の場合は、1Tの浴槽水に500ml投入、1~2時間循環運転します(基本洗浄)。 除菌配管洗浄剤、従来品(過酸化水素)に比べ1/10の低コスト、中和剤不要。