レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

配管洗浄の必要性

 

配管洗浄の必要性

毎日使用していると配管内部は水アカやヌメリが溜まってきてしまい、その結果レジオネラ菌や大腸菌が発生してしまい、人体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

温水施設やプールでは、多くの人たちが利用することで菌の栄養源となる有機質が常に供給される状況でもあるので配管洗浄などを行って菌の繁殖を防ぐことが重要になってくるのです。

定期的に配管洗浄を行うことで、配管の汚れが溜まることも防げますし、レジオネラ菌や大腸菌の感染も防ぐことができます。

このような菌の繁殖においても、配管洗浄が最も有効な対処法となります。


除菌の為の配管洗浄は、ご自分で配管洗浄が出来る「モルキラーMZ」が、コスト、即効性、作業性などあなたの施設に最もふさわしい方法です。

 

配管洗浄に必要な道具とは?

配管を洗浄する方法としては、機械的洗浄、高圧水による洗浄、化学的(薬品.モルキラーMZ)洗浄など様々な方法があります。

機械的洗浄では、スネークワイヤーやミニコールマン、ローポンプ、サニースカットなどを使用して行います。

高圧水による洗浄では、超高圧洗浄車を使用する他、逆噴射ノズルや枝管用ノズル、旋回ノズルなどを使用して配管洗浄を行います。

配管を洗浄を施設や状況に応じてさまざまな方法を活用して洗浄を行います。

化学薬品洗浄.除菌では、ご自分で配管洗浄が出来る「モルキラーMZ」は、

コスト、即効性、作業性などあなたの施設に最もふさわしい方法です。


レジオネラ菌対策の配管

 

 

配管洗浄で準備すべきもの

配管洗浄だけでは、レジオネラ菌や大腸菌などの雑菌を殺菌できるわけではありません。

化学的(薬品)洗浄を行うことで、これらのような悪影響を及ぼす雑菌を抑制することが可能となります。

配管を化学的洗浄する場合、塩素系殺菌剤や非塩素系殺菌剤、過酸化水素水など状況に応じて利用することになります。

温泉施設やプールな度では、レジオネラ菌や大腸菌などの発生も抑制することが大切で、水質によって殺菌剤を用意することになります。

配管洗浄では、高圧水洗浄車などのような機器も必要ですが、菌に対する薬剤も準備ましょう。

殺菌剤を使用した後は、水質検査し、人体に影響がないことを確認する必要もあります。

そのため、ph紙や中和剤、過マンガン酸カリ試薬なども用意し、これらを使用して水質チェックも行ってください。

また、薬剤を使用するときにはゴム手袋なども用意して安全面にも配慮しましょう。


除菌の為の配管洗浄は、ご自分で配管洗浄が出来る「モルキラーMZ」が、コスト、即効性、作業性など

あなたの施設に最もふさわしい方法です。

老人介護施設のレジオネラ対策モルキラーMZ