レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

モルキラーMZ 配管洗浄に

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  配管洗浄の周期とは

配管洗浄の周期とは


配管洗浄の周期とは


レジオネラ菌と配管洗浄

厚生労働省は、レジオネラ菌繁殖を未然に防ぐために年一回以上の水質検査を義務付けています。レジオネラ菌が検出されてはならないという水質検査をクリアするにはやはり、配管洗浄が最優先となります。
モルキラーMZの場合は、500ppm使用し、配管洗浄が可能です。
では配管洗浄をどのぐらいの周期で行うのが一番、レジオネラ菌の駆除に効果的でしょうか?

 


モルキラーMZでの配管洗浄の周期

非塩素洗浄剤として塩素剤の弱点をカバーできるモルキラ―MZはレジオネラ菌が検出された場合、レジオネラ菌が検出されないよう予防する場合と両方に効果があります。
レジオネラ菌が検出されないようするためには、モルキラ―MZを50~100ppmを使用して配管洗浄を1~2週間に1回、やっていくのが一番効果的です。
バイオフィルムは4~7日でできてしまうのですが、そのバイオフィルムができる隙を与えないようにするのです。

除菌の為の配管洗浄は、ご自分で配管洗浄が出来る「モルキラーMZ」が、コスト、即効性、作業性などあなたの施設に最もふさわしい方法です。
 

過酸化水素での配管洗浄の周期

モルキラーMZと同じぐらいの洗浄力があると言われる過酸化水素。

こちらでの配管洗浄は一回のコストがとても高く(数十万円?)、又、専門業者でなければ施行が難しいので、
モラキラーMZのように周期的に行うのが難しいです。

そのかわり、モルキラーMZで周期的に配管洗浄を行います。

レジオネラ菌検出の予防をするために月2~4回モルキラーMZでバイオフィルムが生成されるのを予防して
いきます。

レジオネラ菌有無の最終的判断は培養法で

モルキラ―MZはレジオネラ菌検出の時も予防対策の時も両方、施行できます。
コストもモラキラーMZの方が安いです。安全性が高く、施設の管理人でも施行できます。
一方、過酸化水素の施工は危険が伴う為、専門業者が施行しなければいけません。
バイオフィルムの付着を防ぐために過酸化水素では大がかりでコストもかかるので、代わりに「モルキラーMZ」
を使用します。

除菌の為の配管洗浄は、ご自分で配管洗浄が出来る「モルキラーMZ」が、コスト、即効性、作業性などあなたの施設に最もふさわしい方法です。