レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

モルキラーMZ 配管洗浄に

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  除菌方法の比較表

除菌方法の比較表

配管洗浄の除菌剤『モルキラーMZ』は

コストと即効性、ご自分で出来る安全性

あなたの施設に最適です。

           配管洗浄剤比較表


 もしかしたら、安全衛生対策でお悩みではありませんか?

うちの施設で感染者がでたらどうしよう・・・

急いで除菌をしなければ・・・

など、今すぐ解決したいとお考えの方、

ご自分で配管洗浄が出来る「モルキラーMZ」は、

コスト、即効性、作業性などあなたの施設に最もふさわしい方法です。



               モルキラーMZ
 

レジオネラ菌対策  薬剤の長所短所

レジオネラ菌は以下の2つの条件が整うと非常に増殖します。

1濾過器内部の汚れ、アメーバ、
2管路全域、濾過器内部、集毛器に付着する生物膜

従って、循環式浴槽でレジオネラ対策を考える場合は、上記にきちんと対応できる方法を選ぶ必要があります。

浴槽水の消毒(日常管理)において以下に薬品の長所・短所をあげます。
 

1)次亜塩素酸ナトリュウム(塩素剤)

長所
◆幅広い菌やウイルスに有効(ノロウイルスなどは高濃度)
◆ 安価
短所
◆アンモニアやフミン質と反応してトリハロメタン類を生成。
◆pHが8.0以上になると除菌効果が大幅に低下。(1/4位に)
◆通常の公衆浴場法や旅館業法で規定される濃度では、アメーバや生物膜の除去には不十分
◆刺激臭、設備機器配に腐食の問題

 

2)二酸化塩素

長所
◆次亜塩素酸よりも高い除菌効果
◆アンモニアやフミン質と反応せずトリハロメタンは不生成。
◆pHに関係なく除菌効果がある。
◆生物膜に対して次亜塩素酸よりも高い除去効果がある。
◆シストを形成するアメーバなどにも有効
短所
◆次亜塩素酸に比べて高価
◆刺激臭

 

3)オゾン装置

◆二酸化塩素以上の除菌効果がありますが、
発生装置が非常に高価です。

 

4)管路の生物膜などを一気に除去する事を目的とした場合、

最も頻用されるのは過酸化水素を用いる方法ですが、
◆毒劇物である事、処理後のすすぎなどに手間がかかります。その作業をする日は営業を停止する事になり、割高です。

  「モルキラーMZ」は配管内に付着しているバイオフィルムを除去し、除菌効果と、安全性に特徴。
塩素臭がなく、単体あるいは塩素剤との併用も可。
濃度により日常管理(10~20ppm)配管洗浄(50~500ppm)に利用。
◆残留性があり、紫外線、温度による劣化がない。
◆シストを形成するアメーバなどにも有効
◆温泉成分の効能が変化しない。
◆PH値に左右されない。
アルカリ性の温泉にも適している。
◆高い安全性。
経口毒性LD50 5,000mg/kg、経皮毒性 1,334mg/L(うさぎ)は次亜塩素酸ナトリュウム(10%溶液)のLD50 6.8mg/kgに対し格段に安全性が高い。
◆配管設備に対する腐食性がない。
◆設備費がかかりません。
短所 
高濃度の場合泡が発生
高濃度の配管洗浄後はすすぎ洗いが必要(15分で2~3回)消泡剤で解決できる

 

                                     レジオネラ菌対策 モルキラーMZ

              
                  

レジオネラ対策の無料相談はこちらをクリックか、又は
TEL 047-446-8351
FAX 047-446-8356

 

除菌方法(日常管理)

殺菌・消毒方法(日常管理)