レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

モルキラーMZ 配管洗浄に

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  レジオネラ対策について»  尾道市入浴施設でレジオネラ症発生 3人入院

尾道市入浴施設でレジオネラ症発生 3人入院

尾道市入浴施設でレジオネラ症発生 3人入院

 広島県尾道市の入浴施設で肺炎などを引き起こすレジオネラ菌が検出され利用した3人の男性が入院しています。  

県や尾道市によりますと尾道市平原にある「尾道平原温泉ぽっぽの湯」の露天風呂の浴槽水から基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたということです。  
今月3日から16日にかけて県内外の医療機関から50代から70代の男性4人のレジオネラ症の発生届がありました。

 4人は先月23日から今月6日までの間にこの入浴施設を利用していたことから調査が行われました。

 4人のうち3人が入院していますが、重症者はいないということです。

 「尾道平原温泉ぽっぽの湯」は営業停止命令を受ける前の9日から尾道市からの要請にしたがって営業を自粛していて、

尾道市は「8日までに施設を利用した人で咳や高熱など症状がみられた場合は早めに医療機関を受診するよう」呼びかけています。

2021-12-19 10:32:20

レジオネラ対策について   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント