レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

モルキラーMZ 配管洗浄に

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  レジオネラ対策について»  大分・別府市営温泉でまた基準超えレジオネラ菌

大分・別府市営温泉でまた基準超えレジオネラ菌

大分・別府市営温泉でまた基準超えレジオネラ菌

  
大分県別府市の市営温泉のタンクから基準値を超えるレジオネラ菌が検出され、当面の間休業することになりました。

レジオネラ菌が検出されたのは大分県別府市南町にある市営永石温泉です。

別府市によりますと市が1日行った自主的な検査で温泉の湯を貯めるタンクから基準値の10倍となる菌が検出されました。

男女それぞれの浴槽からは検出されなかったものの、別府市は原因となった可能性がある泉源や配管、タンクなどの清掃や消毒を行い、安全性が確認されるまで施設を営業休止にしました。

利用者に今のところ健康被害は確認されていませんが、市は体調に異常があれば医療機関を受診してほしいとしています。

大分県別府市では10月も市営堀田温泉の露天風呂2か所で基準値を超えるレジオネラ菌が出たため11日間営業を休止していました。

2021-11-05 10:29:30

レジオネラ対策について   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント