レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

レジオネラ菌対策はこちら


コンテンツ

塩素臭がなく、アルカリ泉に最適です。

メール会員登録

国土交通省に認められた「プロバクター工法」は安全な住環境と健康を守る 抗菌・防カビ工法で10年保証 
一般社団法人

日本防菌・防カビ対策協会 

 会員です。

日本防菌防カビ対策協会
 水素ファインバブル
風呂、サウナ
水素ファインバブル風呂
水素ファインバブル風呂
水素ファインバブルサウナ

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

浜田の大浴場レジオネラ菌は配管が汚染源 /島根

浜田市営の宿泊交流施設「ふるさと体験村」の女性用大浴場で16日に法定基準の6倍のレジオネラ菌が検出された問題で、市は28日、湯を噴出させるポンプの配管が汚染源と明らかにした。レジオネラ菌対策の消毒剤「モルキラーMZ」

水質検査で、配管から法定基準の14~73倍のレジオネラ菌を検出。ポンプは先月12日以降は動かしておらず、配管にたまった水で菌が繁殖したとみられる。市は他の原因も調査中で、浴場の休止を続ける。

2018-05-30 15:01:15

コメント(0)

折りたたむ

プールの水に寄生虫や、消毒剤に対する耐性をもつ病原菌(レジオネラ菌)、集団感染の原因に 米CDC報告書

(CNN) 米国で発生した寄生虫や病原菌の集団感染のうち、ほぼ3分の1にホテルのプールなどのレクリエーション施設が関係している実態が、米疾病対策センターが17日に発表した報告書で明らかになった。

それによると、米46州とプエルトリコでは、2000年~2014年にかけての15年の間に、プールの水や温浴施設のお湯など塩素消毒された水や処理水を原因とする集団感染が、計493件報告された。

報告書では、同じ場所や時期に特定の施設を利用した人が2人以上、同じ疾患を発症した症例を、集団感染と定義している。

こうした集団感染による発症者は少なくとも2万7219人、死者は8人に上った。

感染源が特定された集団感染のうち、58%はクリプトスポリジウムと呼ばれる寄生虫が原因だったことが判明。クリプトスポリジウムは管理が行き届いたプールでも生息でき、人に感染すると胃腸疾患や下痢などの症状を引き起こす。

一方、重度の肺炎や発熱、風邪のような症状を引き起こすレジオネラ菌は、少なくとも6人の死亡と16%の発症に関与していた。毛包炎や外耳炎の原因となる緑膿(りょくのう)菌による発症者は約13%だった。

レジオネラ菌、緑膿菌とも消毒剤に対する耐性をもつ。感染を防ぐための対策としてCDCの専門家は、プールの水を飲まないことや、各施設が公表している水質検査の結果をチェックすることを挙げている。

集団感染の56%は、水温が高くなる6月~8月にかけて発生していた。

2018-05-19 16:36:40

コメント(0)

折りたたむ

前橋市有温泉からレジオネラ菌 76歳男性が肺炎

前橋市は16日、市有温泉施設「荻窪温泉あいのやまの湯」(同市荻窪町)を利用した客がレジオネラ肺炎になり、保健所による水質検査の結果、レジオネラ菌が検出されたと発表した。市は当面の間、同施設の営業を自粛する。

現場で40分で陰性か陽性か判定できるレジオネラ菌検査キッド

 市によると、4月14日に入浴した市内の男性(76)が28日に体調不良を訴えて入院、今月10日にレジオネラ肺炎と診断された。保健所の水質検査で内湯からレジオネラ菌を確認した。市の説明によると、男性は入院中だが、容体は安定しているという。

 建設部公園管理事務所の秋山順一事務長は「感染した方、施設を利用できなくなった方におわびしたい」と話した。

2018-05-17 14:33:20

コメント(0)

折りたたむ

レジオネラ菌 浜田の施設、基準2倍検出 県に報告せず 昨年6月 /島根

浜田市の宿泊交流施設「ふるさと体験村」で昨年6月、男性用大浴場から法定基準の2倍のレジオネラ菌が検出されたが、当時施設を運営していた「ふるさと弥栄振興公社」が県条例で義務付けられた知事への報告をしていなかったことが分かった。健康被害の訴えはないという。

現場で40分で陰性か陽性か判定できるレジオネラ菌検査キッドレジオネラ菌対策の消毒剤「モルキラーMZ」

 市によると、今年3月に市民から公社に水質検査結果の開示請求があったが、資料の中に6月分の書類がなく、業者に再発行してもらい発覚。市が6日、浜田保健所に検出を報告した。公社の大谷十三一理事長は「職員から菌の検出の報告はなく、今回初めて知った。なぜ書類がないのかも分からないが、検出を把握できず、大変申し訳ない」と話した。

昨年3月も検出

 同施設では昨年3月にも同じ男性用大浴場でレジオネラ菌が検出され、昨年4月上旬まで浴場の営業を自粛した。公社は相次ぐ不祥事で指定管理者の指定を取り消され、現在は市が直営している。

レジオネラ菌対策コンサルタント

2018-04-19 12:30:57

コメント(0)

折りたたむ

レジオネラ菌検出、知事に報告せず 自治体運営の浴場

  島根県浜田市の宿泊体験交流施設「ふるさと体験村」(弥栄町三里)の浴場で昨年6月、法定基準の2倍のレジオネラ菌が検出されたものの、当時施設を運営していた「ふるさと弥栄振興公社」が県条例で義務付けられている知事への報告をしていなかったことがわかった。市によると、利用者からの健康被害の報告はないという。

現場で40分で陰性か陽性か判定できるレジオネラ菌検査キッドモルキラーMZの特徴

 4月から施設を管理、運営している市によると、菌は昨年6月の水質検査で男性用大浴場から検出されていた。今年3月に市民から公社に検査結果の開示請求があり、公社に昨年6月分の検査結果がなかったため、業者に再発行してもらい、発覚したという。市は6日、菌の検出を浜田保健所に報告した。公社側の幹部は「6月に菌を検出したことは知らなかった」と説明しているという。

 体験村では昨年3月に同じ男性用大浴場から法定基準の2倍のレジオネラ菌が検出され、同4月上旬まで浴場の営業を自粛していた。現在、浴場は休止中で、今月下旬に再開予定という。

2018-04-11 10:26:52

コメント(0)

折りたたむ

市営温泉、レジオネラ菌検出で営業中止 大分・杵築

大分県杵築市は13日、同市山香町の市営浴場「山香温泉センター」の温泉水からレジオネラ菌が検出された、と発表した。市は同日から営業を中止した。今のところ、健康被害の訴えはないという。

 市福祉推進課によると、今月1日に水質の定期検査をしたところ、基準を超える菌が見つかったことが13日に判明。男湯と女湯のそれぞれの注ぎ口、浴槽の計4カ所から見つかった。
現場で40分で陰性か陽性か判定できるレジオネラ菌検査キッド

 同センターでは、源泉にお湯を加えてかけ流している。利用者は1日平均約80人。2015年12月にも男湯の浴室から菌が見つかり、消毒のため16日間、営業を中止した。

 レジオネラ菌をめぐっては、国東市の高齢者施設で利用者3人が感染し、1人が死亡していたことが今年1月に明らかになった。

2018-03-17 15:02:12

コメント(0)

折りたたむ

レジオネラ症に注意しましょう

レジオネラ症に注意しましょう

2018年2月15日 更新

 レジオネラ症とは、レジオネラ属菌という細菌が原因で起こる感染症です。レジオネラ属菌は、土壌、河川、湖沼などの自然環境に生息しており、一般にその菌数は少ないと考えられますが、人工の施設や設備の中で増殖すると、感染によりレジオネラ症を発症するリスクがあります。
 適切な抗菌薬の投与により治療可能ですが、治療が遅れると重症化し、死亡することもあります。症状がみられる場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。
 特に幼児や高齢者、糖尿病等にかかっている人や透析を受けている人は、感染しやすいのでご注意ください。

感染経路

 

  • 人工的な環境(冷却塔水、プール、池、噴水、温泉水、24時間風呂など)や超音波加湿器などでレジオネラ属菌は増殖し、レジオネラ属菌が含まれた水が細かい水滴(エアロゾル)となって空気中を舞った時、吸い込んで感染します。
  • 人から人へ感染した事例は報告されていません。

 

症状

症状のタイプは2種類あります。
 1.レジオネラ肺炎:発熱、咳、喀痰、呼吸困難、吐き気、意識障害などが出て、急激に重症になります。
 2.ポンティアック熱:発熱、頭痛、筋肉痛などの症状で一般的に軽症です。
 

潜伏期間

 

1.レジオネラ肺炎:2~10日(平均4~5日)                                                                                      2.ポンティアック熱:1~2日(平均38時間)

 

治療

 

1.レジオネラ肺炎:抗菌薬療法                                                                                          2.ポンティアック熱:対症療法、抗菌薬療法は不要

 

予防

 

  • 衛生管理が不十分な浴槽の壁面や配管などにつくヌメリ(バイオフィルム)を発生させないよう、こまめに掃除をしましょう。浴槽はもちろん、配管、循環ろ過装置内にも気を配りましょう。
  • 超音波加湿器や浴槽水は、こまめに換水や掃除をしましょう。
  • 循環水はレジオネラ属菌が増殖している可能性があるので、気泡発生装置、ジェット噴射装置、打たせ湯、シャワーなどには使用しないようにしましょう。

2018-02-16 11:54:43

コメント(0)

折りたたむ

加湿器や入浴施設のジャグジーで感染も レジオネラ菌の患者数が急増

加湿器タンクで繁殖する恐怖のレジオネラ菌で死者も

 

NEWSポストセブン

レジオネラ菌は感染すると死の危険も(画像/アフロ)

写真拡大

 乾燥するこの季節に大活躍の加湿器。自宅や職場でお使いのかたも多いはずだ。しかし、ひとたび管理方法を誤ると人の命を危険にさらす“殺人加湿器”となってしまうことが判明し、世間を震撼させている。

 1月19日、大分県の高齢者施設で男性入所者3人がレジオネラ菌に感染し肺炎を発症、うち1人が死亡した。原因は、施設に設置されていた2台の加湿器だった。東京都環境保健衛生課の木村秀嘉さんはこう説明する。

「レジオネラ菌は、土や池の中など自然界にはどこにでもいる細菌の一種です。感染すると、悪寒や高熱といった風邪に似た症状が出はじめ、重症化すると意識障害や肺炎を引き起こし、最悪の場合死に至ることもあります。特に乳幼児や高齢者など、抵抗力の弱い人は注意が必要です。

 レジオネラ菌は、水に菌が繁殖し、その水が細かいミスト状になり、それを人が吸い込んだ時、肺に入って感染するケースがほとんどです。例えばこれまで、感染例として入浴施設のジャグジーやシャワーなど、霧状の水が発生するような場所で感染が報告されてきました。今回の事件も、菌に汚染された加湿器のタンク水から空気中に広がったとみられます」

 今回、施設の加湿器からは、患者発生のリスクが高まる基準とされている値(100ml当たり100個の菌のかたまり)の実に2200倍の菌が検出された。これほど菌が繁殖した理由について、『レジオネラ症対策のてびき』(日本環境衛生センター刊)の著者で、対策に詳しい中臣昌広さんが指摘する。

「1つは、施設側の衛生管理不足が考えられます。施設側は、週に1度は加湿器タンクをブラシで洗浄していたという報道がありましたが、洗浄だけでなく塩素などで殺菌消毒しなければ、完全には繁殖を防げません。
加湿器のタンクに入れ、レジオネラ菌の発生を防止

 また、水そのものにレジオネラ菌が潜んでいた可能性もあります。大きな病院、高齢者施設などは、貯水槽を設置してそこから水を引っ張っていることがあります。施設の水の使用量が少なかったりすると配管に水が滞留しやすくなり、水道水にもともと含まれている塩素濃度が下がって菌が増殖してしまうこともあるのです」

 定期的に洗浄・殺菌していても、方法によっては逆効果となる場合もある。

「プラスチック容器などを硬いブラシやアルミ製のたわしなどで強く擦ると、細かな傷が残り、そこに微細な菌がすみついて増殖する場合もあります」(中臣さん)

 2000年以降、年間百数十件で横ばいだったレジオネラ菌感染者数は、2005年に200件を超え、2017年は1722件と15年間で実に10倍以上と急増している。

「検査が簡単になり、保険適用になったことで検査を受ける人が増え、報告数も増えているのでは」

 急増の理由について中臣さんはこう話すが、死亡例が報告された以上、毎日使用する加湿器が要因ならば見過ごすことはできない。

2018-02-09 09:59:05

コメント(0)

折りたたむ

加湿器レジオネラに注意 大分では集団感染、死者も 厚労省「手入れこまめに」

高齢者や乳幼児に肺炎などを引き起こす「レジオネラ菌」。感染源として入浴施設が疑われるケースは多いが、家庭や職場など身近に使われている加湿器の危険性も指摘されている。大分県国東市の高齢者施設では加湿器が原因で昨年12月~今年1月に、80~90代の男性3人が感染、うち1人が死亡した。今冬、インフルエンザが猛威を振るい、加湿器の需要も伸びる中、厚生労働省などは「適切に手入れをしないと集団感染につながる」と注意を呼び掛けている。

 「浴場は注意していた。1年前に買い替えた加湿器も、週に1回は水タンクをブラシで洗うなどちゃんと手入れしているつもりだった」。国東市の施設関係者は困惑する。

 大分県によると、感染者の居室で使用されていた加湿器のタンクや吹き出し口から菌を検出。菌がタンク内で増殖し、空気中に広がったとみている。

 レジオネラ菌は主に土の中に生息しており、日常生活で接する機会は多いが、免疫力の弱い高齢者などが感染すると、重症化することもある。菌は水回り環境で繁殖しやすいとされ、近年は入浴施設での発生が目立っている。

 大分県も、施設側の感染報告を受けて調べたのは浴場。加湿器にたどり着いたのは、感染の発生から3週間以上がたったころで「まず浴場を疑った」と言う。

 ただ、国立感染症研究所(東京)によると、加湿器による感染はこれまでも東京都や広島県、新潟市で確認され、症例こそ少ないが注意喚起されている。

 加湿器はここ数年、インフルエンザの感染予防に効果があるなどとして需要が拡大。家電量販店などによると、今冬も好調な売れ行きという。

 加湿器には、水を沸騰させて水蒸気を噴出させるスチーム式▽風を当てる気化式▽水を振動により気化させる超音波式-などがある。レジオネラ菌は20~45度で増殖し、60度以上で死ぬため、スチーム式は感染リスクが低いとされる。

 厚労省などによると、菌の感染予防には専用の薬剤やクエン酸の水溶液での洗浄が有効で、洗浄後は十分に乾燥させる。水道水に含まれる塩素は菌を死滅させるが、水をためたままにしておくと繁殖する恐れがあり、利用するごとに入れ替えるよう求めている。
加湿器のタンクに入れ、レジオネラ菌の発生を防止

 国東市の施設はその後、加湿器を新たに買い替え、殺菌作用のある次亜塩素酸水を入れるようにした。大分県健康づくり支援課は「レジオネラ菌の侵入を防ぐのは難しいが適切に手入れすれば、リスクは低くできることを呼び掛け、集団感染を防ぎたい」としている。

2018-02-02 10:07:27

コメント(0)

折りたたむ

死の危険も…加湿器からのレジオネラ菌感染どう防ぐ?

大分県の老人ホームで男性1人が死亡したレジオネラ菌の集団感染で、感染源は部屋の加湿器とみられている。冬場は特に使うケースが増える加湿器からの感染を防ぐには、どうしたらいいのだろうか?

    ◇

大分県の老人ホームで起きたレジオネラ菌の集団感染で、新たに感染した90代の男性1人が先週死亡した。検査の結果、菌が見つかったのは部屋にあった「加湿器」だった。大分県によると施設では週1回、ブラシで清掃していたというが、集団感染を防ぐことはできなかった。

このニュースはインターネットでも話題になり、「怖いなあ」「まさか、死者が出るなんて」「こまめに掃除しなきゃ!!」などの声もあった。加湿器のレジオネラ菌はどうすれば防ぐことができるのだろうか?

■売り場で一番人気の「超音波式」加湿器

都内の雑貨店を訪ねると…様々な種類の加湿器が。一番人気は、熱を使わない「超音波式」だという。

渋谷ロフト・浦川敦史さん「本体価格がお手頃というところと、消費電力が小さいというところで人気をいただいております」

細かい振動によって細かい「水の粒」を空気中に放出する超音波式加湿器。おしゃれなデザインも人気の理由だ。一方で、売り場の説明書きを見てみると、超音波式加湿器の短所として「水を加熱しないので手入れを怠ると雑菌が出てしまう」と書かれている。どういうことなのだろうか?

東京慈恵会医科大学細菌学講座・水之江義充教授「菌は高熱に弱いですね。60℃以上に弱いけども、常温だと菌は死ななくて増えることができるということで。水の中で増殖した、増えたレジオネラがエアロゾル(水滴など)と一緒に空気中に出されて、それを私たちが吸い込むことによって肺炎を起こして」

超音波式加湿器を使っているという街の人は――

40代主婦「夜眠るときに使うものだったので、熱くない方がいいかなと思ってそれ(超音波式)にしました」

30代主婦「(死亡のニュースを聞いて)えー、そこまで重症化するとは思っていなかったのでびっくりです」

■超音波式の加湿器 使うときの注意点は?

超音波式の加湿器を使うときどのようなことに気をつければいいのだろうか?

水之江教授「加湿器の場合はタンクだけでなく、いろいろなパーツがありますので、それを全部洗うということが大事ですね」

■加湿器の掃除方法 3つのポイント

加湿器の掃除方法について、レジオネラ菌対策を専門に清掃などを手がける会社に教えてもらった。

レジオテック・浅野英雄社長「(レジオネラ菌は)熱に弱いということと、殺菌作用のある薬剤が非常に効果があります。この2つが大事ですね」

ポイント1:まずはアルコールなど除菌や殺菌効果のある薬剤を染みこませた布で本体を拭き、レジオネラ菌が繁殖しやすいぬめりを取ること。

ポイント2:さらに、加湿器専用の薬剤を入れて運転するという。
加湿器のタンクに入れ、レジオネラ菌の発生を防止

ポイント3:薬剤がない場合はレジオネラ菌が死滅する60℃以上のお湯をタンクに入れ、30分程度放置するという。

浅野社長「必ず1週間に1回はそういった清掃をすること。それを定期的に繰り返すということ」

また、水をためたままにしておくと菌が繁殖しやすいので、水は毎日交換することが大切だという。

浅野社長「(ぬめりが)出やすいのは隅っこですね。コーナーのところ、あるいは隅ですね。複雑になっているところ」

ブラシでは掃除がしづらい細かい部分にできやすいというぬめり。お湯や薬剤の使用は、メーカーが推奨していないケースもあるため、お使いの加湿器のメーカーに問い合わせをしていただきたい。

■意外な場所にもレジオネラ菌が!

レジオネラ菌は公衆浴場などでの感染が知られているが、意外な場所でも見つかっている。今月、北海道のバス会社では50代の運転手2人がレジオネラ菌に感染して肺炎にかかり入院している。菌が見つかったのはバスの洗車機だった。

■症状は風邪に似ているが、早めの受診を

レジオネラ菌は菌が含まれた水滴を吸い込むことで感染するという。感染しても、重症化することは少ないというが、抵抗力の弱い子供やお年寄りなどが感染すると重症化することもあるという。症状は高熱や咳(せき)といった風邪と似た症状なのだが、ひどくなると肺炎にかかり死亡することもあるそうだ。レジオネラ菌に効果のある抗菌薬もあるそうなので、早めに病院を受診することが必要だ。

■中央大学法科大学院・野村修也教授のまとめ

風呂や加湿器など、体のためにある道具がかえって病気を引き起こすというのは皮肉だと感じる。加湿器って水を使っているので、清潔なように勘違いしがちだが、こまめな清掃が必要ということが分かった。病気もお年寄りなどは掃除が難しい場合もあるので、訪ねていったときに、周りの者が気をつけてあげることが必要です。

日テレNEWS24


 

  

2018-01-27 10:12:52

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5