レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

モルキラーMZ 配管洗浄に

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

3人がレジオネラ症・山形 入浴施設、浴槽使用を自粛

 山形市は5日、入浴施設の沼木温泉辻ケ花を利用した同市の70代の女性1人、男性2人の計3人がレジオネラ症を発症したと発表した。市保健所が浴槽から採取した水から基準を上回るレジオネラ属菌が検出され、同施設は同日から全浴槽の使用を自粛している。

 市保健所によると、3人は8月16~31日に同施設を利用した後、発熱や意識障害、肺炎、下痢の症状がみられた。市内の医療機関を受診したところレジオネラ症と診断された。入院中だが全員快方に向かっているという。

 採水して行った検査の結果、100ミリリットル当たり女性浴槽は1500、男性浴槽は3400のレジオネラ属菌が検出された。通常の殺菌対策を行っていればレジオネラ菌は検出されないという。市保健所は安全性が確認されるまで、同施設に浴槽の使用自粛のほか、設備の洗浄、消毒など衛生状態の改善を指導している。

 レジオネラ属菌は水中や湿った土壌などに存在し、循環式浴槽などの衛生管理が不十分な場合、増殖する可能性がある。 

2019-09-07 12:16:30

コメント(0)

折りたたむ

レジオネラ菌検出で浴場使用停止 滋賀・高島の宿泊施設

滋賀県高島市は29日、同市今津町深清水のレクリエーション施設・家族旅行村ビラデスト今津内の宿泊施設「森の交流館」の男女用浴場でレジオネラ菌を検出したと発表した。同日までに健康被害の報告はないという。

 市によると、定期検査で浴槽水から基準を超えるレジオネラ菌を28日に検出し、浴場の使用を停止した。9月上旬に洗浄し、再検査で安全を確認した上で再開するという。

 

【 2019年08月29日 21時10分 】

2019-08-31 18:44:24

コメント(0)

折りたたむ

レジオネラ症集団発症 静岡市の「大江戸温泉物語」で感染か 15日から営業自粛

静岡市保健所は15日、7月末~今月12日、市内の医療機関からレジオネラ症の発症報告が8件あり、うち7件の男性患者7人が市内の同じ温泉施設を利用していたと発表した。
7人は60~80代で発熱や肺炎の症状が出て入院したが、命に別条はないという。

感染源は断定されていないが、同保健所は「温泉施設から感染した可能性が高い」として関連を調査している。

調査を受けているのは「大江戸温泉物語 すんぷ夢ひろば 天下泰平の湯」(同市駿河区)。同施設は15日から当面の間、営業を自粛することを決めた。

 市保健所などによると、レジオネラ症は細菌による感染症で、原因となる菌は加湿器や循環式浴槽などに存在する。人から人には感染しない。入院した7人は7月下旬~8月上旬、同施設の共同浴場を利用した。5月に立ち入り検査した際は、レジオネラ菌の検出量は基準値以下だったという。

 同保健所は今月7日にレジオネラ症を発症した患者3人が同施設を利用していたことを把握し、同施設に口頭や文書で営業自粛を要請した。だが、原因が特定できなかったこともあり、同施設は営業を継続。その後、4人の感染が判明した。市は今後、患者から検出された菌の遺伝子情報などを調べ、感染源を特定したいとしている。

 施設を運営する大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ(東京)によると、施設には内湯の浴槽が男女計6カ所、水風呂同2カ所、露天風呂の浴槽が計13カ所ある。宿泊施設もあるが、部屋にある浴槽のみを利用した宿泊客の発症は報告されていないという。水質検査などは毎日実施しており、配管清掃も適切だったとしている。

 同社は「感染源は断定されていないが、塩素濃度の管理や配管洗浄の強化など、対策を実施したい」と話した。

2019-08-16 11:08:29

コメント(0)

折りたたむ

検察官も裁判官も汗だく 猛暑の中、宮崎地家裁の冷房停止 再開まで1週間以上

宮崎地家裁(宮崎市)の空調設備からレジオネラ菌が検出され、7月30日から洗浄と再検査で冷房が使えなくなっている。再開までに1週間以上かかる見込みで近県の裁判所から借りた扇風機数十台で猛暑をしのいでいる。暑さのため期日を延期する裁判もある。

地裁総務課によると定期点検をした業者から30日夕、敷地内3棟に冷風を送る冷却塔の冷却水からレジオネラ菌が検出されたと報告があった。健康被害は確認されていない。

 31日から扇風機を運び込み、窓がない法廷では傍聴席や被告席の近くで大型扇風機を回している。それでも廷内は暑く、公判中、汗をぬぐう検察官に裁判官が「ネクタイ外していいんで」と声をかける一幕もあった。

2019-08-03 15:15:01

コメント(0)

折りたたむ

太平洋フェリー「いしかり」大浴場からレジオネラ属菌を検出 乗客が発症

 

太平洋フェリーは2019年8月1日(木)、「いしかり」船内の大浴場からレジオネラ属菌が検出され、これまでに乗客3名のレジオネラ症発症が確認されていることを公表した。

同社は6月17日(月)、名古屋市保健所南保健センターから「いしかり」に乗船した1人がレジオネラ症を発症したとの連絡を受け、定期的に行っているレジオネラ属菌検出検査を1カ月前倒して実施、この際、レジオネラ属菌は検出されなかった。太平洋フェリーは、同船に乗船した別の1名も発症したとの連絡を7月1日(月)に受けている。

さらに7月17日(水)、「いしかり」に乗船した別の乗客1名のレジオネラ症発症が確認され、この1名は他の入浴施設の利用がなかったため、太平洋フェリーは保健所からの立入調査を受けた。結果、「いしかり」船内の男子展望大浴場の浴槽からレジオネラ属菌が検出され、培養検査で解析した結果、発症した1名のレジオネラ属菌と同一パターンであることがわかった。

太平洋フェリーは、菌検出の原因について、7月4日(木)の自主検査結果において、浴槽の遊離残留塩素濃度が基準値より低いことが判明しており、これにより浴槽に混入したレジオネラ属菌を死滅させることができていなかったことが考えられるとしている。

同社は保健所の検査後、全船に対し遊離残留塩素濃度を基準値に保ち、塩素濃度を1日3回以上測定するよう指示した。また、高塩素濃度での配管循環洗浄、専門業者による化学的洗浄を実施し、「いしかり」男子大浴場は安全が確実に確認されるまで使用を自粛している。

太平洋フェリーは、今回の事態を謝罪するとともに、これまでに「いしかり」に乗船し、レジオネラ症により医療機関で治療を受けていた場合は、同社まで連絡してほしいと呼びかけている。

2019-08-02 10:33:27

コメント(0)

折りたたむ

シャワーの水から基準上回るレジオネラ菌検出 さいたま市営三橋プール、体調不良の訴えはなし

さいたま市は30日、同市西区三橋6丁目の市営三橋プールの女子更衣室外側のシャワーの水から、市の基準を上回るレジオネラ菌を検出したと発表した。これまでのところ、体調不良を訴える利用者はいない。プールは9月1日まで、通常通り開場する予定。

 市北部都市・公園管理事務所管理課によると、18日に指定管理者の市公園緑地協会が水質検査を行い、29日に規定の基準値を上回るレジオネラ菌を検出したことが判明。同日、市と市保健所に報告した。

 シャワーノズルなどの消毒や水質の再検査を実施しており、再検査の結果が判明する8月13日ごろまで、女子更衣室外側シャワー4基の使用を禁止し、他のシャワーの利用を呼び掛ける。また、体調不良などがあった場合には施設に申し出るよう、呼び掛けている。

2019-07-31 13:11:38

コメント(0)

折りたたむ

ホテル展望浴場でレジオネラ菌検出、健康被害の報告なし 大津

ホテルピアザびわ湖(大津市におの浜1丁目)を運営する地方職員共済組合滋賀県支部と県市町村職員共済組合は19日、ホテル内の男性用展望浴場でレジオネラ菌を検出したと発表した。健康被害の報告は受けていないという。

 同支部によると、定期検査で浴槽水から基準を超えるレジオネラ菌を17日に検出し、同日から浴場の使用を停止した。洗浄し、再検査で安全を確認した上で再開する。潜伏期間を考慮し、9~17日の宿泊客に順次連絡して健康状態を確認中という。

2019-07-20 09:34:51

コメント(0)

折りたたむ

ゆとりおん大雄、入浴営業12日再開 レジオネラ菌対策終え

ゆとりおん大雄、入浴営業12日再開 レジオネラ菌対策終え

 秋田県横手市は5日、浴槽から国の基準を超えるレジオネラ菌が検出された同市大雄の温泉施設「ゆとりおん大雄」の入浴営業を、12日から再開すると発表した。

 運営する市によると、先月12日の横手保健所の年1回の定期検査で、男性用浴槽の湯から基準値の3倍のレジオネラ菌が検出され、21日午後から入浴営業を休止した。浴槽の消毒や清掃後、仙台市の検査機関に再検査を委託。先月29日に判明した分析結果で不検出となった。

2019-07-07 13:18:41

コメント(0)

折りたたむ

入浴施設元支配人に有罪 レジオネラ菌集団感染

広島県三原市の入浴施設「みはらし温泉」(閉館)で2017年にレジオネラ菌の集団感染を招き、利用客1人を死亡させたなどとして、業務上過失致死傷の罪に問われた元支配人、中島康隆被告(41)=同市=に広島地裁(冨田敦史裁判官)は1日、禁錮2年、執行猶予3年(求刑禁錮2年)の判決を言い渡した。

起訴状などによると、中島被告が入浴施設の清掃など必要な衛生管理を怠ったため17年3月、入浴客らが浴槽内に増殖したレジオネラ菌に感染。50代の男性1人を肺炎で死亡させ、20人に発熱などの症状を起こさせたなどとしている。〔共同〕

2019-07-02 09:55:04

コメント(0)

折りたたむ

レジオネラ属菌の検出について(高齢者福祉センター芙蓉園)

習志野市高齢者福祉センター芙蓉園の男性浴場において、6月11日に採水した検体から、レジオネラ属菌が検出されました。検査結果の報告を受け、即日、男性浴場の利用を停止しました。

レジオネラ属菌の感染により、まれに高熱や肺炎等の症状がみられる場合があります。
高齢者福祉センター芙蓉園の浴場をご利用された方で、身体の不調を感じた方は、早めに高齢者福祉センター芙蓉園までご相談ください。なお、著しい身体の不調など緊急性が高い場合は、速やかに医療機関を受診してください。

問い合わせ先 : 高齢者福祉センター芙蓉園 476-9596

  • レジオネラ属菌とは

 土壌・河川・湖沼等の自然環境の中に広く生息している細菌で、循環式の浴槽や給湯設備、加湿器の冷却水などで繁殖しやすく、菌を含む細かい水滴の吸入などで感染する。
 健康な人が感染しても発症しにくいが、乳幼児や高齢者など抵抗力の落ちている方が感染すると、高熱や寒気、吐き気などの症状が出て、重症の肺炎を引き起こして死亡することもある。潜伏期間は2日から10日。

2019-06-22 15:32:22

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5