レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

レジオネラ菌対策はこちら

コンテンツ

塩素臭がなく、アルカリ泉に最適です。

メール会員登録

国土交通省に認められた「プロバクター工法」は安全な住環境と健康を守る 抗菌・防カビ工法で10年保証 
一般社団法人

日本防菌・防カビ対策協会 

 会員です。

日本防菌防カビ対策協会
 

HOME»  井戸にも発生するレジオネラ菌|

井戸にも発生するレジオネラ

 

井戸にも発生するレジオネラ菌

レジオネラ菌の主な発生場所というと温泉やプールなどの施設で起こるイメージを持っている方も多いかも

しれませんが、それ以外の場所でも発生する可能性はあります。

例えば井戸です。

飲み水として利用できる井戸から汲み上げた水に菌が繁殖してしまうことでレジオネラ症を発症してしまう

恐れがあります。

井戸からの発生原因としては井戸自体に問題がある、もしくは井戸水がつながっている管に問題があると

言われています。

 

過去の事例

過去に起こった井戸水からレジオネラ菌感染が広がった事例をご紹介します。

ホテルで起こった事例では、井戸水を汲み上げて各部屋につなげていました。

その一つの部屋で水漏れが置きてしまい、その部屋自体を封鎖することになったのですが、

その部屋からレジオネラ菌が発生してしまい、各部屋にも繁殖が広がってしまったというものです。

また、リゾートマンションでも長い間使われていなかったお風呂で使われる水を貯めている貯水タンクから菌が

発生し、感染症が発生することがありました。

これらの事例に共通しているのは、水漏れや長く使われていなかったことでレジオネラ菌が井戸水の通る管の

中で繁殖してしまっているということです。

管の中で長く水が放置されている状態になるとレジオネラ菌が住みやすい環境となるバイオフィルムが発生し、

レジオネラ菌も増殖してしまいます。

そのため管の中も全て掃除しなくては、レジオネラ感染のリスクを回避することは難しいと言えるでしょう。

配管洗浄

井戸水を使用している場合も水質検査は必要!

井戸水をお風呂に、または飲用水として利用している施設では、必ずレジオネラ菌の検査が必要となります。

レジオネラ菌の検査は自分で検査を行うことができるキットや検査を行っている業者へ問い合わせることで

検査を行ってくれます。

検査頻度は毎日完全換水型の施設であれば年1回以上、連日使用型なら年2回以上、

そしてお風呂の水で消毒が塩素ではない時は年4回以上の検査が必要です。

井戸の場合は源泉となっている井戸はもちろん、管の中も調べて定期的に掃除を行う用意しましょう。

レジオネラ菌検査容器

レジオネラ菌の検査方法は、「新版レジオネラ症防止指針」の「<付録>1 環境水のレジオネラ属菌検査方法」 に沿って検査して行くことになります。

レジオネラ菌に関するご不安を抱えてらっしゃる皆様

が、安心して気軽にお問い合わせが出来るよう

スタッフ一同笑顔でお待ちしております。

お気軽に相談ください。

 
フリー1