レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

レジオネラ菌対策はこちら

コンテンツ

塩素臭がなく、アルカリ泉に最適です。

メール会員登録

国土交通省に認められた「プロバクター工法」は安全な住環境と健康を守る 抗菌・防カビ工法で10年保証 
一般社団法人

日本防菌・防カビ対策協会 

 会員です。

日本防菌防カビ対策協会
 

HOME»  噴水にも発生するレジオネラ菌

噴水にも発生するレジオネラ菌

大きな公園によくみられる噴水ですが、最近では都市部を中心に商業施設のスペース
などでもみられるようになりました。

近年温暖化が問題視され、夏になると気温が40℃を超えるようなところが出てきましたが、
そんな地域やコンクリートが多く熱がこもりやすい都市部において噴水は周囲を涼しくさせる
ことが出来るものとして多くの方が暑い時に噴水近くまで涼みに訪れる光景を目にすることも
増えてきました。

また、噴水で水遊びをされている子どもの姿も、もはや夏の風物詩としてメディアでもよく
取り上げられています。

しかしそんな噴水もきちんと水質管理が行われていない場合、レジオネラ菌が繁殖して
しまい最悪の場合レジオネラ菌が噴水で遊んでいた子ども達や周囲を散歩されている方に感染してしまう恐れがあるのです。

噴水に発生するレジオネラ菌

 

噴水によって周囲に飛散されている可能性も

そもそもレジオネラ菌というのは、温泉施設だけでなく水を利用している施設などには必ずと言っていいほど
出現するもので、水を利用している噴水であってもそれは同じことです。
噴水で利用されている水は循環器を利用されている場合が多く、その循環器や配管にレジオネラ菌が
繁殖しやすいのです。

レジオネラ菌に汚染されてしまった水が循環器を通じて噴水から噴出されると、
小さな水滴が周囲に飛散されます。

この飛散された小さな水滴を吸い込んでしまうことで感染してしまう場合があります。
例え噴水の水を直接飲まなくても、レジオネラ菌に感染してしまう可能性があるのです。
そのため、噴水でもしっかりとレジオネラ菌対策を行う必要があります。

定期的なレジオネラ菌検査を

水質管理を強化し、定期的にレジオネラ菌が繁殖していないかどうかを検査することが大切です。
屋外にある噴水は水質管理が難しい場面などもありますが、それでも感染被害を抑えるためには
必ず対策をとることが重要となります。

検査を行い、もしも菌が繁殖していることが分かったら、配管消毒・殺菌を行っている業者に依頼するか、
レジオネラ菌の殺菌に優れた非塩素系消毒剤・モルキラーMZを使って配管消毒を行いましょう。

除菌の為の配管洗浄は、ご自分で配管洗浄が出来る「モルキラーMZ」が、コスト、即効性、作業性など

あなたの施設に最もふさわしい方法です。

モルキラーMZの購入窓口