レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

レジオネラ菌対策はこちら

コンテンツ

塩素臭がなく、アルカリ泉に最適です。

メール会員登録

国土交通省に認められた「プロバクター工法」は安全な住環境と健康を守る 抗菌・防カビ工法で10年保証 
一般社団法人

日本防菌・防カビ対策協会 

 会員です。

日本防菌防カビ対策協会
 

HOME»  レジオネラ菌の検査方法

近年、新聞等で、レジオネラ属菌による感染事例が多く報告されています。

温泉や循環式浴槽水、家庭用24時間風呂、プール水、冷却塔水、加湿器、噴水などから発生する

エアロゾルが感染源とされています。

感染事故は、施設側の責任が問われますので、 徹底した衛生管理には自主検査を含め

定期的検査をお勧めします。

レジオネラ属菌は、土壌や河川、湖沼などの自然界に広く生息するグラム陰性の桿菌であり、
菌体の一端に1本の鞭毛があります。 

一般に20~50℃で繁殖し、36℃前後で最もよく増殖します。 

また、アメーバなどの原生動物の体内で増殖するため、これらの生物が生息する生物膜
(バイオフィルム)内部に保護された生育環境となっています。

循環式浴槽や空調用冷却塔、給湯設備、加湿器などの中で増殖すると細かい水の粒子である
エアロゾルによって周囲に飛散します。

このエアロゾルを吸い込むことによってレジオネラ症を発症します。特に、高齢者や幼児が感染
しやすいことが知られています。

レジオネラ症は、重症化するとレジオネラ肺炎になり、高熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛などの
症状が現れます。

感染防止には、感染経路となる設備の管理が重要です。
定期的なレジオネラ菌検査によって汚染状態を把握し、万一検査によって陽性と判明した際は、

消毒剤「モルキラーMZ」等による配管洗浄、消毒処理を実施し、循環ろ過装置、消毒装置の
改善などの処置をとります。
 
モルキラーMZの購入窓口
 

レジオネラ菌の検査方法

 
レジオネラ菌は、自然の中に普通に存在している細菌であり人から人への感染はありませんが、
 
温泉施設やプール、冷却塔水、加湿器などが感染源となっていて、利用することで感染するケースが多く、
 
場合によっては死亡してしまうケースもあることから定期的に検査することが必要です。
 
特に乳幼児や高齢者がレジオネラ菌によるレジオネラ肺炎にかかりやすいので注意が必要です。
 
レジオネラ菌は、通常の細菌とは違い、培養して検査することができません。
 
そのため、レジオネラ菌による感染の疑いがある場合には、専門機関に依頼し、

専用の検査を行うことになります。


 

検査方法の詳細

レジオネラ菌の検査方法としては、「新版レジオネラ症防止指針」の「<付録>1 環境水のレジオネラ属菌

検査方法」に沿って検査して行くことになります。
 
県際に必要なものとしては、ポリエチレン瓶かガラス瓶を用意し、200ml以上の水を採取します。
 
採水した後は、冷蔵庫で保管し検査機関で検査してもらいましょう。
 
レジオネラ菌の検査は、専門機関にて培養検査で行われます。(ろ過濃縮法)
 
遠沈管に採水した水を入れ、冷却遠心に30分6000rpmかけ、上澄みを捨てた後、200倍濃縮にします。
 
レジオネラ菌以外の菌が繁殖するのを防ぐために、酸処理を行い37度の温度で6~8日間培養します。
 
その後、灰色の湿潤集落を数え、釣菌し血液観点培地に移植して2日間培養させます。
 
その後、血液観点培地に繁殖し、育った菌がレジオネラ菌となります。
 
そして血液観点培地に植付け、育った菌がレジオネラ菌となり、これによりレジオネラ菌の感染が確認できます。

検査結果が出るまでには、7~10日間程度かかりますので理解しておきましょう。

モルキラーMZ


 

レジオネラ菌対策(配管洗浄)もしっかりしよう

レジオネラ菌の予防に関しては、定期的なレジオネラ菌検査によって汚染状態を把握し、

万一検査によって陽性と判明した際は、

消毒剤「モルキラーMZ」等による配管洗浄、消毒処理を実施し、循環ろ過装置、消毒装置の

改善などの処置をとります。汚染状態を知ることが大切です。
 
 
レジオネラ菌の感染が判明すると、施設側の責任も大きくなりますので、トラブルを防ぐためにも、
 
しっかりとした管理体制を作り対処していくようにしましょう。

モルキラーMZの購入窓口

除菌の為の配管洗浄は、ご自分で配管洗浄が出来る「モルキラーMZ」が、コスト、即効性、作業性など

あなたの施設に最もふさわしい方法です。