レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

レジオネラ菌対策はこちら

コンテンツ

塩素臭がなく、アルカリ泉に最適です。

メール会員登録

国土交通省に認められた「プロバクター工法」は安全な住環境と健康を守る 抗菌・防カビ工法で10年保証 
一般社団法人

日本防菌・防カビ対策協会 

 会員です。

日本防菌防カビ対策協会
 

HOME»  お役立ちTopics一覧ページ

お役立ちTOPICS


モルキラーMZの購入窓口
レジオネラ菌とは

 

レジオネラ菌の命名の由来は大変興味深いものがあります。
1976年、アメリカで在郷軍人大会が開催された時、関係者、
出席者221人が原因不明の肺炎に罹り、34人が死亡しました。
この時、発見された菌を在郷軍人(legionnaire)にちなんで、
「レジオネラ菌」と命名されたようです。

レジオネラ菌は土壌や沼、河川など自然環境中の
常在菌の1つです。
約39℃で急激に増殖し、60℃以上で徐々に死滅していきます。

                            …続きはこちら

排水管洗浄とは

 

排水管内部に付着する水アカ、ヌメリといったバイオフィルム
(生物膜)は、レジオネラ菌の溜まり場になります。
バイオフィルムができてしまう原因はいくつかありますが、
入浴者の皮膚から出る汚れ、アカなどもバイオフィルムを
作らせてしまいます。

                            …続きはこちら

排水管洗浄方法とは

 

排水管殺菌に辿り着くためには、排水管洗浄がなければ、排水管の殺菌効果は期待できません。
排水管洗浄方法とは排水管内部に付着したレジオネラ菌などの有害な菌を含んだ
バイオフィルムや有機系の汚れを根こそぎ洗い落すことです。

排水管洗浄をやらずに、いきなり排水管の殺菌消毒を行った場合

                            …続きはこちら

配管洗浄とは

 

どの施設も死者まで出したレジオネラ菌性肺炎を予防するため、レジオネラ菌の徹底除菌を目標に日々、お仕事をされておられると思います。

徹底なる除菌は、排水管のみならず、あちこちにある配管洗浄が大変重要です。
配管洗浄、排水管洗浄の徹底を強化するため、厚生労働局は次亜塩素剤と非次亜塩素剤の併用を推進しています。その併用の非次亜塩素剤にモルキラーMZは最適薬剤です。


                            …続きはこちら

配管洗浄にはモルキラーMZ

 

モルキラーMZの殺菌消毒力は、強力と言われる過酸化水素と同等か、それ以上あると言われています。
その上、モルキラーMZは過酸化水素の欠点、弱点をカバーしており、扱いやすいのが特長です。
下記に過酸化水素より優れている点を記載致しますので、ご確認ください。

                            …続きはこちら

レジオネラ菌対策として配管洗浄を行う前にレジオネラ菌の巣が何処にあるかその問題個所を特定します。

 

レジオネラ菌日々の公衆衛生対策に対して施設管理者様は色んな取組みをされておられることと存じます。

の中でも特にお客様のために徹底したレジオネラ菌排除に気を配っておられる方がほとんどでしょう。

「徹底した配管洗浄・レジオネラ菌排除」を達成するためには細かな危険箇所からの気配り、配慮が必要です。今回はその危険箇所のレジオネラ菌対策について考えてみたいと思います。 

                           
…続きはこちら

配管洗浄の周期

 

厚生労働省は、レジオネラ菌繁殖を未然に防ぐために年一回以上の水質検査を義務付けています。
レジオネラ菌が検出されてはならないという水質検査をクリアするにはやはり、配管洗浄が最優先となります。
モルキラーMZの場合は、500ppm使用し、配管洗浄が可能です。

                                                      ・・・続きはこちら

配管洗浄の必要性
配管洗浄の必要性
毎日使用していると配管内部は水アカやヌメリが溜まってきてしまい、その結果レジオネラ菌や大腸菌が発生してしまい、人体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。
温水施設やプールでは、多くの人たちが利用することで菌の栄養源となる有機質が常に供給される状況でもあるので配管洗浄などを行って菌の繁殖を防ぐことが重要になってくるのです。
定期的に配管洗浄を行うことで、配管の汚れが溜まることも防げますし、レジオネラ菌や大腸菌の感染も防ぐことができます。
このような菌の繁殖においても、配管洗浄が最も有効な対処法となります。                         …続きはこちら

 

 

家庭風呂のレジオネラ菌対策
配管が詰まってしまう要因とは
キッチンの流し台へ直接油を流してしまった場合や、トイレにティッシュなど本来であればトイレに流すべきでないものを流してしまった場合は、それが原因となって排水管が詰まってしまうおそれがあります。
その他にもいくつか詰まりの原因は考えられますし、築年数も大いに関係してきます。こうした詰まりを解消するためには、上記のような詰まりの原因になるようなことをしないということも重要ですが、配管洗浄を定期的に行うなどの工夫も必要になってきます。

 

 

配管洗浄を定期的に行う事が法律で義務
温泉施設やプールなど多くの人が利用する施設では衛生管理を徹底することが法律で義務づけられています。
 
排水管には髪の毛やゴミ、汚れなどが蓄積しやすく、そのまま放置しておくと排水管の悪臭やつまりの原因になるほか、雑菌の繁殖を進めてしまい人体への影響も出てきてしまいます。
そのため、温泉やプール施設では排水管洗浄を定期的に行うことが法律で義務付けられているのです。
 
 

 

 

レジオネラ防止指針
レジオネラ菌は循環式の浴槽などを好む細菌の一種です。
 
その環境の中で増殖したレジオネラ菌が空気中の蒸気と混じり合い、
その霧状となった空気が人体の肺に入り込むとレジオネラ菌へと感染するおそれがあります。
 
レジオネラ菌による感染症「レジオネラ症」になると、
レジオネラ肺炎になったりポンティアック熱と言われる熱が出たりします。
 
ポンティアック熱は軽症であることが多いのですが
 
 

 

 

プールのレジオネラ菌対策
プールなどでレジオネラ菌に感染すると、レジオネラ肺炎にかかることがあり、
最悪の場合は死に至ることもあるほど危険な感染症です。
 
これまでに起こったレジオネラに関するニュースの知識から、
温泉施設で感染しやすいという認識を持っている方が多いのですが、
実はプールでもレジオネラ菌は多く発生することが分かっています。
 
学校や公共施設のプールは多くの人々が利用しますが、人々の体に付着している有機物はレジオネラ菌の大好物です。
 
この有機物が栄養源となるため、レジオネラ菌が繁殖しやすく、
さらに水にはレジオネラ菌が生息しやすい環境であるため、プールはレジオネラ発生の格好の場所なのです。

 

 

レジオネラ属菌の検出基準
温泉施設などの公衆浴場やプールなどでは、水質関にする基準値が国によって定められています。
 
国の基準で設けられている項目は、濁り具合や有機物の量を示す過マンガン酸カリウム消費量、
人体への影響の大きい大腸菌群やレジオネラ属菌です。
 
レジオネラ菌の基準値としては、10CFU/100mL未満であることが望ましいとされています。
 
 
検査方法としては、冷却遠心濃縮法やろ過濃縮法で、毎日水を入れ替える施設では1年に1回以上、
連日続けて使用する施設では1年に2回以上と決められており、
浴槽やプールの水を塩素消毒による消毒をしていない場合には、
1年に4回以上の検査が必要となります。
レジオネラ菌の検査は、
保険所や衛生研究所に依頼することで検査してもらうことができます。

 

 

レジオネラ菌の検査方法は、「新版レジオネラ症防止指針」の「<付録>1 環境水のレジオネラ属菌検査方法」 に沿って検査して行くことになります。
レジオネラ菌は、自然の中に普通に存在している細菌であり人から人への感染はありませんが、
温泉施設やプール、冷却塔水、加湿器などが感染源となっていて、利用することで感染するケースが多く、
場合によっては死亡してしまうケースもあることから定期的に検査することが必要です。
 
特に乳幼児や高齢者がレジオネラ菌によるレジオネラ肺炎にかかりやすいので注意が必要です。
 
レジオネラ菌は、通常の細菌とは違い、培養して検査することができません。
 
そのため、レジオネラ菌による感染の疑いがある場合には、専門機関に依頼し、
専用の検査を行うことになります。

 

 

打たせ湯とレジオネラ菌
レジオネラ菌が繁殖しないように、お湯を循環させる循環器の中身はきちんと除菌を行わなければなりません。

しかしいくら除菌を行ったからと言って、完全に対策出来ているとは限りません。

毎日不特定多数の人が利用している環境では、完全ということはないのです。


 
 

 

 

 

温泉施設などではレジオネラ菌の感染を防ぐために、いろいろな対策マニュアルが設けられています。

また旧厚生省により「公衆浴場における衛生等管理要領等について」として管理用点が決められ、
 


 
 

 

 

 
冷却塔(クーリングタワー)のレジオネラ菌対策は非塩素系のモルキラーMZが効果的
屋内の空調設備などで利用されている冷却水は、使われると温度上昇していきます。
温度上昇した水を冷却塔で冷却させることで、再び空調設備に使うことが出来ます。
冷却塔の水は循環され何度も使われることにより、いつの間にかレジオネラ菌が繁殖している可能性があるのです

 


 続きはこちら
 

 

 
モルキラーMZの購入窓口