レジオテック株式会社

レジオネラ菌対策

レジオネラ菌対策はこちら

コンテンツ

塩素臭がなく、アルカリ泉に最適です。

メール会員登録

国土交通省に認められた「プロバクター工法」は安全な住環境と健康を守る 抗菌・防カビ工法で10年保証 
一般社団法人

日本防菌・防カビ対策協会 

 会員です。

日本防菌防カビ対策協会
 

HOME»  掛け流し 薬湯の日常管理


塩素臭もなく、PH値に左右されず、残留効果がある

        『モルキラーMZ』を
       
             アルカリ泉、掛け流し温泉、薬湯の日常管理どうぞ。




厚生労働省は(平成18年8月24日)

管理要領において、浴槽水の消毒に関して、塩素系薬剤が使用可、不可にかかわらず、
適切な衛生措置を行うのであればそれらの消毒方法を使用できると通知。
 
非塩素系の「モルキラーMZ」は日常管理に使用出来ます



 

掛け流し浴槽の問題点

専門家の調査によれば、レジオネラ属菌の検出状況は、循環式浴槽の38%に対し、掛け流し浴槽からも27%から検出されています。

掛け流し浴槽とは常時満水状態に保ち、新鮮な湯を供給してオーバーフローによって汚れを排出する浴槽ですが、沸かし湯を補給して汚れを薄めている場合など、毎日完全換水は難しく、安全性は保障できない。

掛け流し浴槽は、掛け流しと言う言葉に何か安全な印象を持ち、つい清掃などがおろそかになる恐れがあります。定期的なレジオネラ菌対策として配管洗浄と清掃が必須です。

温度調節配管、水位計、連通管も生物膜が生成されやすく、気泡装置も無い方が良い。
配管変更の際は、完全に切り離し滞留箇所(行き止まり)をなくす必要があります。

                            レジオネラ対策の事例

                 モルキラーMZの購入窓口 

レジオネラ対策の無料相談はこちらをクリックか、又は
TEL 047-446-8351
FAX 047-446-8356

 

掛け流し薬湯の消毒

 

下記の様な特徴を持ち「水質抗菌活性剤」ともいわれるモルキラーMZをお薦めします。

掛け流し式温泉の除菌方法

 

豊かに湧き出る新鮮な湯が浴槽に満ち溢れ、循環しなくてもいい『掛け流し式』の温泉については出来る事なら『何も加えないのが本当の温泉』と言われる様に利用したいのですが、
現実には『掛け流し式』に於いても各地でレジオネラ属菌が検出さえています。

その理由は、レジオネラ属菌は土壌菌であるということ、
貯湯槽、配管設備、露天では周辺に藻類が付着し雨水が流れ込む等、幾つもの流入原因が存在します。
この為折角『自然の恵みの温泉に塩素を入れたら本来の温泉でなくなる』と批判されています。

そこで
★残留性があり塩素のような不快感が無く紫外線、温度による劣化がない。

★温泉成分の効能が変化しない。

★温泉水の色、匂いの変化がない。

★PH値に左右されない。
アルカリ性の泉質は塩素剤の除菌効果が低下しますが、モルキラーMZはPH値に左右されない。

★高い安全性。
MSDSに示すとおり、経口毒性LD50は5,000mg/kg、
経皮毒性1,334mg/L(ウサギ)の使用濃度で最低値の評価で、次亜塩素酸ナトリュウム(10%溶液)のLD50は
6.8mg/kgに対して格段に安全性が高い。

★設備配管等に対する腐食性がない。

★バイオフィルム(レジオネラ属菌の巣)の付着を防止する。

★設備費が不要で、高価な設備投資によるリスクはありません。

以上のメリットから浴槽水の日常管理には非塩素系の「モルキラーMZ」をお勧めします。

 
                           塩素臭がなく、アルカリ泉に最適です。

 

従来より使用されている塩素剤の自動注入装置と同じもので配管に接続し、毎日定時、流量比例などで設定し自動注入します。
補給水が多くない場合は、貯湯槽に5~10ppm(5~10ml/T)手で投入しても充分です。(日常管理)

注入前に貯湯槽、配管は、モルキラーMZで基本洗浄(500ppm)を行っておきます。

1、薬注機による方法(配管の途中に薬注機からの注入口をつなぎ)

流量設定・・・・・ 「モルキラーMZ」は温泉水1Tに対し15mlですから、
現在温泉流量が1分間に20Lに比例して入れるには、
1T:15ml=0.02:X
X=0.3ml〔1分間の注入量〕

60分で×0.3ml=18ml(1時間に一回)
10時間〔1時間に一回で10回〕で180ml
30日で=5.4L〔モルキラーMZ原液〕

2、初期投入量・・・・新湯を張った場合は
 例えば、5Tに対し×15ml/T=75ml

3、補給水(1.5T)に対しては・・20~30mlを朝晩に入れます。
4、モルキラーMZの価格は1Lあたり8,640円です。送料別

 
掛け流し温泉の日常管理 (事例)

1、朝一番に湯を満杯に張った露天風呂5Tに、モルキラーMZを1T当り15ml投入します。
    (初期投入量)

    5T×15ml/T=75ml
2、薬注機に、モルキラーMZを10倍希釈し入れておきます。
    例 モルキラーMZ 5L
           水      45L
                計 50L
3、一日に新湯が5T浴槽に入る場合は、
    薬注機の設定は流量比例で、お湯が1Tに対し150mlのモルキラーMZ(10倍希釈したもの)が
    浴槽に入るように設定します。

   5T×15ml=75ml(一日のモルキラーMZ注入量)
   75×30日=2,250ml(2.25L)

4、一か月の使用料
    1、と 3、は計 75ml+2,250m=2,325ml(2.325L)
  2.325L×8,640円(モルキラーMZの価格)=20,088円
 
薬注機をを使用しない場合は、一定量、(朝一番に)浴槽に投入します。

レジオネラ菌対策はモルキラーMZ

 

  • 非塩素系消毒剤「モルキラーMZ」による

掛け流し温泉の配管洗浄(除菌や大掃除の為)事例
 
1、消毒剤「モルキラーMZ」を貯湯タンク10Tに投入し撹拌又は暫く寝かします。
    投入量は1T当り500ml
    貯湯タンク10T×500ml=5リットル×8,640円(モルキラーMZ)
    =43,200円
2、貯湯タンクからゆっくり浴槽まで流して消毒し、浴槽に貯めます。 

3、露天風呂で岩とモルタルに隙間がある場合、浴槽に少し溜まったら、湯を止めて高圧洗浄機を浴槽内に       入れ、高圧洗浄機の注入先の先端は細い口先に変えて、露天風呂の岩とモルタルの間に出来ている
    隙間をめがけ注入作業を行います。
    モルキラーMZの混じった湯が岩の隙間に入るよう工夫してください。 


3、作業が終わったら、タンクに残っている湯を全部浴槽に入れます。
4、30分以上寝かしておきます。

5、排水し、浴槽内の清掃をします。
6、新しい湯(モルキラーMZの入っていない)を浴槽に張り、
7、検体を取り検査機関に送ります。


モルキラーMZの特徴

掛け流し薬湯の消毒

 

薬湯の除菌管理もモルキラーMZで本来の姿に
事例ー9
施工日  平成16年3月
施設   東京都郊外温浴施設
泉質   白湯及び薬湯(水道水)
検査結果 レジオネラ属菌
洗浄前  3,100CFU/100ml
洗浄後    10CFU/100ml未満

この施設は薬湯と白湯があり、薬湯は入浴客に人気があり、また白湯の気泡発生装置も同様な理由で継続する為安全対策に注力されています。
まず薬湯の日常管理をモルキラーMZ(50ppm/日)に塩素剤より変更し、それ以前より薬草の本来の匂いが戻り、又菌の検出もありません。
気泡装置つき浴槽も週一回の洗浄(モルキラーMZ50ppm/日)で継続的な抗菌対策となっています。

 

                                 モルキラーMZの購入窓口